0歳の息子、RSウイルスで入院!ワーママでシンママの入院付き添い体験記

スポンサーリンク



もう絶対にしたくないことのひとつ、それは0歳児の入院の付き添いです。

息子が0歳の時シンママの私は既に仕事をしていました。しかし、生後7ヶ月の息子がRSウイルスになり1週間の入院。退院して1週間後、再び救急車を呼び入院することになりました。合計2週間の入院です。0歳児の入院は24時間付き添いなので、仕事を合計2週間も休みました。

0歳児の付き添い入院は孤独と不安と疲労との闘いなので、今後付き添い入院する方の参考になれば幸いです。

24時間付き添いの入院生活、大変なこと

私の今までの2年半の育児生活の中で1番しんどかったのが、この入院した2週間です。

ののあや
離乳食作らなくていいし、楽やな〜

こんなことを思ったのは初日だけでした。24時間、1週間連続で健康なのに病院の個室内で過ごすのは本当にしんどかったです。

仕事を休まなければいけない

シングルマザーでワーキングマザーの私にとって、『仕事を休む=収入がゼロ』になってしまうので、入院で合計2週間も休むことはいろんな意味でキツイです。

ののあや
休みすぎて会社クビになるんちゃうん

当時は会社の理解があったのでまだよかったものの、休むという連絡を会社にするたびに後ろめたく不安でした。

親の食事は出ないので毎食コンビニ

有料でいいので毎食出して欲しいですよね・・・。1週間毎食コンビニはかなり飽きるししんどいです。私の両親がスーパーでお弁当を買ってきてくれることもあったのですが、どちらにしても市販のお弁当は飽きました。身体にも悪いですしね。

また、コンビニに買いに行けるのは子供が寝ている間か親が来てくれている間だけです。子どもはしんどいのもあり、あまり熟睡してくれなかったので、コンビニにすら落ち着いて行けませんでした。

ののあや
付き添いの親用のお弁当販売すれば需要あるんちゃうん?

毎晩ぐっすり寝れない

当時は生後7ヶ月だったのでまだ夜泣きがありました。そのため、夜は何度も起きます。その上、簡易ベッドでよく眠れません。さらに、看護師さんが数時間おきに部屋に見回りに来るので、毎回起きてしまいます。

夜中でも熱を測ったり、酸素を測ったりするので、息子も熟睡できません。全然忙しくないのに、疲労たっぷりでした。

ののあや
夜中に看護師さん来るのやめてほしい!数値悪くなってないか確認しないと行けないんだろうけど・・・

お風呂に入る時間の調整も大変

お風呂はフロアの人と共同なので、希望の時間に名前を書いて入浴の予約をしなければ行けません。親が来ている間に入れる日は良かったのですが、子どもが寝ている間に入らないといけない日は、シャワーすらゆっくりできず「まだ起きてないかな?」と気にしながら入っていました。

子どもの機嫌が悪すぎてお風呂に入れない日もありました。

ののあや
病院は空調が効いているから汗はかかないけど、気分転換の為にもシャワー浴びたかった〜

自由に動けない子どもの相手は大変

RSウイルスで入院している子どもは点滴や酸素濃度を測定するもので繋がれているので、自由に動けません。当時は生後7ヶ月でまだハイハイすらしていない時期だったので、動き回る子の入院よりはマシでしたが、それでも子どもは毎日ベッドでの生活に飽きてしまっていました。

病院のコンビニにも少しだけ子どもの絵本が売っていたので購入しましたが、1週間もそれで過ごすのは大変でした。あとは、親戚がお見舞いがてらおもちゃを買って来てくれたので、そのおもちゃでなんとか過ごしました。

ののあや
子供だけじゃなく私も暇すぎて大変!ずーっとスマホ見てた。

RSウイルス入院記録

当時保育園でRSウイルスが流行っていなかったので、RSウイルスと判定されるまで時間がかかりました。RSウイルスの検査には、採血があるため赤ちゃんの負担にもなるようです。

RSウイルスとわかるまで時間がかかった

最初、保育園から熱で呼び出しがあり小児科に行ったのですが、中耳炎と言われました。しかし、中耳炎のわりになかなか治らず、しかもゼェゼェ言い始め、血便も出てしまいました。

ののあや
これ絶対中耳炎ちゃうやろ〜!

あまりに息子がしんどそうなので、別の小児科に行きました。

小児科に行き、看護師に症状を説明するとすぐに診察室へ案内されました。酸素濃度を測ったり、採血したり・・・そして、検査の結果はRSウイルスでした。

0歳児のRSウイルスは症状が重くなったら大変なので、すぐに総合病院に紹介状を持って行きました。

予定外の入院

その当時RSウイルスが何か知らなかったので、入院するとは思わずなんの準備も持って来ていませんでした。しかし、総合病院に着いた後も検査が続き、入院手続きをした時間は既に22時を回っていました。

入院準備を何もしていなかったので、看護師さんに無理を言い着替えやオムツなどを取りに帰らせてもらいました。

ののあや
入院前の検査に2〜3時間かかったよー!長い!

入院中はずっと下痢

入院中、息子はずっと抗生剤の点滴をしていたので下痢が続いていました。1日に何度も下痢をするのでお尻がかぶれてしまいました。かぶれは本当にひどく、グジュグジュになり血が出てしまっていました。

薬を一応貰っていましたが、下痢の回数が多くて塗り薬では追いついていませんでした。

ののあや
見てるだけでかわいそうだった・・・

なかなか退院できない

RSウイルスで1週間入院と言われていたのですが、酸素の数値が落ち着かず2日も退院が延期になってしまいました。その分仕事も休みです。

「明日退院できるかも!」と期待していたのに、退院できなかったという日が2日も続いてテンションだだ下がり。0歳児の入院は本当に大変です。

ののあや
やっと退院できたー!刑務所から釈放されたかのような気分。笑

RSウイルスの次は気管支炎

無事退院し安心したのも束の間、また息子が苦しそうに呼吸していることに気付きました。既に陥没呼吸になってしまっていたので、救急車を呼びました。

ののあや
救急車が道に迷って他のマンションに行っていたというハプニングもありました

また、前回と同じ病院に行き同じ先生に見て貰った、結果気管支炎により再び1週間の入院が決定してしまいました!

まとめ

0歳児の入院に24時間の付き添いは本当に大変です!中には、付き添いしなくていい病院もあるようです。でも、1週間も0歳児を預けるのは不安ですよね。

おかげでその月は給料が半分しかありませんでした。もう付き添い入院はしたくないです!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です