出産育児一時金とは?申請方法や金額について詳しく解説

スポンサーリンク



これから出産を迎える人にとって出産費用は気になることのひとつですよね。病院によって異なりますが、出産にはだいたい40~50万円かかると言われています。

ののあや
私は市立病院で出産したから出産費用は38万円でだったよ!

これが全て自己負担なら出産することがかなり経済的負担になってしまいますが、健康保険に加入していれば出産育児一時金を受給することができます。

それでは、出産育児一時金の制度と申請方法について詳しく解説していきます。

出産育児一時金とは

出産育児一時金は保険適用外の出産にかかる費用を支給することで家計への負担を軽減する制度です。産後病院での会計時にも高額のお金を用意する必要がないように直接支払い制度や代理受取制度があります。

出産育児一時金がもらえる条件は?

出産育児一時金を受け取るには次の要件を満たす必要があります。

出産育児一時金の受給要件
  • 勤務先の健康保険または国民健康保険の被保険者、もしくは健康保険の被扶養者である
  • 妊娠4か月以降(妊娠85日以降)の出産であること(死産または流産にも適用される)

この条件を満たしていれば、適用期間中は年齢に関係なく誰でも受け取ることができます。また、帝王切開の場合にももちろん適用されます。

いくらもらえるの?

妊娠4か月以降に出産した場合は赤ちゃんひとりにつき42万円受け取ることができます。ただし、産科医療補償制度対象外の出産の場合は40万4000円を支給されます

※産科医療補償制度は、もし生まれた赤ちゃんが出産のときの事故で脳性麻痺により身体障碍者1級・2級に相当する場合に保証金が支払われる制度のことです。この保証金が1分娩あたり16,000円なので産科医療補償対象かどうかで16,000円の差があるのです。

  • 双子の場合の受給額

出産育児一時金は赤ちゃんひとりにつき42万円なので、双子や三つ子の場合は人数分受給できます。そのため、42万円 × (人数) 円になります。ただし、双子や三つ子など多胎出産の場合、出産育児一時金を申請するのに医師や助産師による多胎の照明が必要です。

出産育児一時金の受取方法・申請方法とは?

出産育児一時金の受け取り方法には3種類あります。それぞれの家庭にあった受け取り方法を選択できます。それぞれ申請方法も異なるので詳しく解説します。

直接支払い制度とは?

直接支払制度とは、健康保険から病院に直接出産育児一時金を支払ってもらう方法です。そのため、産院での会計時にまとまったお金を用意する必要がありません。

出産育児一時金よりも出産費用が高かった場合は差額を病院に支払います。反対に、出産費用の方が安かった場合は申請をすると後日指定の口座に返金されます。

ののあや
私は出産費用が38万円だったから、後日3万円が返ってきたよ!

出産前に産院が直接支払制度を導入しているか事前に確認しておきましょう!導入していれば、病院からもらう書類に必要事項を記入して提出するだけです。

受取代理制度とは?

産院が直接支払制度を導入していない場合、ママが事前に健康保険に申請しておくことで出産育児一時金が産院に支払われる制度です。もし、出産費用が出産育児一時金よりも高ければ、差額を窓口で支払います。出産費用の方が安かった場合は、申請のときに記入した口座に自動的に支払われます。

勤務先の健康保険窓口、もしくは国民健康保険の場合は自治体の健康保険窓口にて受取代理制度の申請用紙を貰うことができます。

産後申請とは?

名前の通り、産後に出産育児一時金の申請をするやり方で、入院時に産院で出産費用を支払います。そして後日、出産育児一時金を受け取ります。

もし産院がクレジットカードに対応している病院の場合、カードで支払うことでポイントが貯まってお得です。この制度はクレジットカードが利用できないと特に得することがないので、事前にチェックしておきましょう。

ママの仕事 ママの健康保険 パパの仕事 申請先
会社員・公務員 勤務先の健康保険 関係なし ママの健康保険
退職 任意継続の保険 関係なし ママの健康保険
退職 国民健康保険 自営業 国民健康保険 or
ママが在職中に加入していた健康保険
退職 パパの健康保険
(被保険者)
会社員・公務員 パパの健康保険 or
ママの加入していた健康保険
専業主婦 国民健康保険 自営業 国民健康保険
専業主婦・パート・自営業 パパの健康保険 会社員・公務員 パパの健康保険
パート・自営業 国民健康保険 関係なし 国民健康保険

 

その他、出産育児一時金の気になること

その他の出産育児一時金について気になることを解説します。

帝王切開や切迫早産などの場合も受給できる?

帝王切開や切迫早産、流産のときは保険適用になり高額療養費制度の対象ですが、妊娠4か月を超えていたら出産育児一時金も受給することができますよ。

申請に期限はある?

申請期限は出産後2年以内です。1日でも期限を過ぎると申請できなくなってしまうので注意してください!

出産費貸付制度とは?

異常分娩で出産になった場合に出産育児一時金を前借できる制度です。貸付ができる金額は健康保険によって異なりますが、出産育児一時金の80%(33万6000円)までと決められているところが多いようです。

※異常分娩とは、母体又は胎児に異常が見られ医療介助が必要になる場合のことをいいます。

無利子で借りることができ、返済は出産育児一時金から支払われるので後日自ら返金する必要はありません。出産育児一時金から貸付金額を差し引いたお金が出産後に指定口座に振り込まれます。

出産費貸付制度が利用できる対象者は、出産育児一時金の支給が見込めれるもののうち、出産予定日まで1か月以内または妊娠4か月以降の被保険者(被扶養者)で一時的な支払いを必要とする方です。

まとめ

妊娠・出産にはとてもお金がかかるので出産育児一時金はなくてはならない手当金ですよね。出産を経験するほとんどの人が利用する制度にもかかわらず、詳しく知っている人は少ないです。

出産までに正しい知識を知っておきたいですね ♪

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です