未婚で出産、父親に親権が取られることはある?シンママの経済力は関係ない!

スポンサーリンク

未婚で出産して子供の親権を父親に取られたらどうしよう、と不安になりますよね。

妊娠中も産後もママ一人で頑張ってきたから、よほどのことがない限り親権を取られないとわかっていても、相手の方が経済的に豊かだから・・・と思うと心配ですよね。

未婚で出産をしたのに、子供の父親から「引き取りたい」と言われるケースもあるでしょう。

私も子父と息子は会ったこともないくせに「子供は妹と育てたい」と言われたことがあるよ!!!!(怒)妹と育てるって何!!(怒)

結論から言うと、未婚で出産した場合の親権は基本的に母親なので安心してくださいね。

それでは、未婚で出産した場合の親権についてもっと詳しく解説していきます。

未婚で出産した場合、親権は母親!

親権は母親

未婚で子供を出産した場合、親権は自動的に母親です。

子供を認知した後、父親と母親が話し合って合意すれば父親が親権者になれます。

ただし、父親を親権者とあなたが認めない限り、親権を取られることはありません。

万が一父親が親権を主張し続けて家庭裁判所に調停や審判を求めたとしても、あなたが子供のお世話をし続けていれば大丈夫です。

例外として、出産したにも関わらず女性が子育てを放棄しているように見受けられ、かつ父親が親権を主張してきた場合には、父親に親権を取られる可能性もあります。

未婚出産、親権者の判断基準とは?経済力は関係ない!

親権に経済力は関係ない

未婚出産の場合、父母の話し合いで親権者を父親に変更するケース以外は、母親が単独親権者です。

親権者を決めるときの判断基準は、離婚の場合と同じで父母の事情と子供の事情を考慮した上で、子の福祉の観点から判断されます。

子供の親権者を決める判断基準
  • その子の育児をしてきた経験、また、継続していける環境
  • 低年齢の子には母性優先で母親が有利になる

親権者の判断基準は、上記の通りで経済力は関係ありません!

経済的に足りない分は父親から養育費をもらえば補えるので、判断基準には含まれていないのです。

養育費を払っているからといって父親が親権者にはならない

認知をして養育費を払っていても、それだけで父親が親権者にはなれません。

もし父親が親権者と認められるには、話し合いであなたが父親が親権者でいいと同意するか、あなた自身が親権者としてふさわしくないと裁判所に判断される必要があります。

そのため、愛情を持って子育てをしていれば、子父に親権を取られる可能性はきわめて低いでしょう。

その他にも、親権者を判断するときに不安な事項

そうはいっても、いろんな家庭の事情があるので、父親に親権を取られるのではないかと不安になりますよね。

  • あなたが無職、または借金がある
  • あなたが生活保護を受けている
  • それまで一緒に住んでいて、別れ話のときに「親権が欲しい」と言われた
  • 妊娠期間や出産費用など子供の父親が支払った

これらの事情があっても、未婚で出産した場合の親権は母親です。

認知をしても親権者は母親のまま

認知しても親権者は母親

未婚で出産する場合は認知だけでもしてもらった方がいいとは聞きますが、認知したことで親権を主張してこられたらどうしようと思う人もいますよね。

しかし、認知しただけの相手が親権を主張してきたとしても、親権者はあなたのままです。

認知の種類
  • 任意認知
  • 胎児認知
  • 裁判認知

胎児認知をすると、生まれたときから戸籍の父親の欄に名前が記載されていますが、親権者はあなたで子供はあなたの戸籍に入ります。

また、任意認知や裁判認知で出生後しばらくしてから認知しても、父親の欄に相手の名前が追記されるだけで、子供の戸籍は移動しません。

子供は母親と同じ名字を名乗り、母の戸籍に入ったままで、親権者もあなたです。

かりに父親の性を名乗って、子父の戸籍に入れたい場合は、入籍届を提出しなければいけません。

親権が父親になるのは、母親が虐待や育児放棄をしたとき

虐待などの場合は親権者が父親

未婚で出産した子供の親権は父親になりませんが、次の場合は父親に親権を取られる可能性があります。

  • 父母の話し合いでお互いが合意し、親権者を父親にした場合
  • 母親が育児放棄や虐待をして、育児環境が劣悪な場合

これらのことがない限り、親権が父親に渡る心配はないので安心してくださいね♪

未婚シングルマザーに父親が親権を主張してきた体験談

未婚シングルマザーになったときの体験談

私が未婚で出産して子父に連絡をしたときに、「俺が育てるから子供を渡してほしい」と言われてことがありました。

当時の私は無職で、奨学金の返済もまだまだ残っています。

一方で、相手は私の何倍もの収入がある会社経営者。

私は当時2DKの狭いマンションに親と住んでいました。

一方で、相手は東京都港区にある3LDKの高級マンションに住んでいました。

経済的な条件は私が圧倒的に不利!!相手の方が子供がしたいことは何でもさせてあげられる環境だし・・・

どう考えても相手の方が経済的にいい環境だったので、父親に親権が渡るのではないか不安でした。

不安なあまり、弁護士にも相談しました。

その結果、「未婚で出産した場合は余程のことがない限り、父親に親権を取られることはないから大丈夫ですよ。」と言われ安心したことを覚えています。

まとめ

ひとりで妊娠と出産、子育てを乗り越えてきたのに、親権を父親に取られたくありませんよね。

余程の事情がない限り未婚シングルマザーの子の親権が父親に渡ることはないので、安心してください。

たとえ自分の子育てや環境に自身がなくても大丈夫!

あなたは妊娠と出産を通して、子父より何倍も何倍も子供に愛情を与えています。

それだけで、子供の親権者になるべき条件は十分にクリアしているので、「私がこの子の母親だ!」と自信を持って子育てしてくださいね!

未婚シングルマザーは認知の後、面会交流の有無や方法について話し合おう!

2018年11月5日

未婚シングルマザーが「認知なし」を選ぶ理由とは?慎重に考えよう!

2018年9月20日

未婚シンママは認知してもらうべき?メリットとデメリットとは?

2018年7月15日

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です