男性版産休が取得可能に!給料はもらえる?みんなの意見もまとめました

スポンサーリンク

2021年6月3日に

  • 父親がパートナーの産後最大4週間、産休を取得できる制度
  • 育休の意思確認の義務化

などが含まれた法律が改正案が可決されました。

男性の育児参加を促すのが狙いのようです。

産休・育休で父親がちゃんと子育てに関わってくれるようになるのは嬉しいですが、やはり気になるのはお金の問題

男性が産休・育休を取得した場合、給料はどうなるのでしょうか。

男性版産休の制度について

男性版産休は、子供が産まれてから8週間以内に計4週間の休みが取れる制度。

利用できるのは父親のみで、申請期限は2週間前です。

男性が育休を取る際の申請期限は1ヶ月なので、それに比べると取得しやすいですね。

男性版産休がいつから始まるのかも、気になるところ。

この制度が始まるのは令和4年10月頃からのようです。

男性版産休を取得した場合の給料は?

男性が産休を取得した場合は、給料ではなく給付金が支給されます

ただし金額は育児休業給付金や社会保険料の免除により、最大で休業前賃金の80%相当です

男性版産休中の給付金は、通常の育休と変わりません。

産休育休を取得して育児をしてくれても、給料が低くては生活に困りますよね。

赤ちゃんが産まれるとベビーグッズやベビー服、オムツ、ミルクなど今まで以上に出費は増えるもの。

多少の貯金があれば、少し収入が下がっても問題ありませんが、家計がギリギリの場合は「子育てもしてほしいけど、お金稼いできて〜!!」という気持ちにもなってしまいますね。

法改正で具体的に何が変わるの?

法改正によって、男性版産休以外にも変わることがあります。

法改正で変わること
  • 男女関係なく育休取得の意思があるか企業は確認しなければいけない
  • 大企業は取得率を公表しなければならない
  • 男女関係なく1歳まで育休を2回に分けて取得できる
  • 要件を満たせば1歳以降も分割して育児を取得できる

父親は男性版産休を取得したあとも、産後8週間以降で再び2回の育休を取得できます。

女性は産後8ヶ月ごろに産後鬱による自殺率が高まるとのデータもあるので、状況に応じて取得できるようになると嬉しいですね。

また、保育園に入れなかった場合などの特別な事情がある場合に、1歳を過ぎても夫婦で交代しながら育休を取得可能です。

「うまくいけば男女ともにキャリアを諦めずに子育てできる社会になりますが、男性までもが産休育休を取ると出世できないとなると、本末転倒ですね…。」

男性版産休についてみんなの意見まとめ

男性版産休についてみんなはどう思っているのでしょう。

ネット上の声をまとめてみました。

女性の意見

男性の意見

まとめ

2022年(令和4年)10月から始まる予定の男性版産休制度と給料についてまとめました。

従来の育休制度と同じように、男性版産休を取得すると給付金が支給されます。

新生児期は3時間おきの授乳や1日に約10回のオムツ替え、慣れない抱っこに寝かしつけなど本当に大変な時期です。

男性版産休制度が始まることで、産後の夫婦関係にもいい影響を与えられるといいですね。

未婚シングルマザーが受給できる行政からの手当まとめ

2018年8月31日

ママがハローワークを利用して就活をするのはどうなのか?

2018年7月7日

【体験談】子父と子供の親子DNA鑑定って何をするの?認知・養育費のために。

2018年10月3日

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です