実体験!デートDVに対応してくれた都内の警察署を紹介

スポンサーリンク



22歳の頃、同棲していた彼氏からデートDVの被害を受けました。

実際に身体的な危害を加えられることはありませんでしたが、過度な束縛や暴言、脅迫など…日に日にエスカレートしていき限界を感じたある日、彼氏が出て行ったすきに自宅の鍵穴を変えて家出をしました。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

【体験談】彼氏からのデートDV被害!できるだけ早く相談に行き、逃げよう!

2018年8月23日

最終的に家出をしたあと警察署に行き、デートDVを受けていた話をしたところ警察署で保護されて、保護者が来るまで警察署から出てはいけないと言われました。

その後は、警察が彼氏と私の仲介役になり、デートDVの彼氏と別れて解決するまでを手伝ってくれました。

とはいえ、「DVで警察に行っても対応してくれなかった」という声を聞くこともあります。

今回、私が実際にお世話になった警察署を紹介することで、デートDVを受けていて住まいが近くだった場合、警察署に行くことで力になってもらえるかのしれません。

現在、彼氏からのデートDVで悩んでいる方は、参考にしてくださいね。

最初にお世話になったのは板橋警察署

当時は東京都板橋区で同棲をしていたので、すでに板橋区から引越しをしたあとでしたが、板橋警察署の生活安全課に相談に行きました。

同棲していた彼氏からデートDVみたいな感じのを受けていて…相談したいのですが…

そのときは本当に私が受けているものは、デートDVに当てはまるのかがはっきりとしていなかったため、少しあやふやな感じに相談に行きました。

すると、取調室のような雰囲気の小部屋に通されて、警察官が話を聞いてくれました。

  • 束縛が激しくて男友達の連絡先を全て消されたこと
  • 大学の授業にまで着いて来て、男友達に挨拶をするとキレられること
  • ヤリマン!雌ブタ!などと暴言を吐かれること
  • 「根性焼きするぞ!」とタバコを近づけられること
  • 首を絞められること など

上記のことを警察に伝えると、警察官がバタバタと動き始めました。

警察官
それはひどいね!デートDVだよ!今からあなたは保護者のお迎えが来るまでここから出てはいけないから!彼氏とは今後連絡を取ってはいけないよ!その男のことを調べるからわかる範囲で教えてくれる?

そして、私は大阪から親を急遽呼び出すことになりました。

警察官からは「都内にいたら危ないから地元に一時的に避難していなさい」と言われ、事情を説明し、入社したばかりの職場を2週間休職しました。

後日、警察がデートDVの彼氏に連絡

後日、警察が彼氏に電話をしてくれました。

警察官
あなたの彼女がデートDVと訴えに警察署に来ましたよ。今後、彼女には連絡をしないでください。今後の話し合いは警察が仲介するので、伝言があれば警察に伝えてください。

自宅には彼氏の荷物もあったため、マンションのポストに鍵を入れて、相手に荷物を引き取りに来てもらい別れる準備ができました。

荷物の引き取りが完了した時点で、警察から連絡が入りました。

次にお世話になったのは麻布警察署

彼氏から逃げて住んでいたのが東京都港区だったので、板橋警察署から麻布警察署に情報を引き継いでもらい、麻布警察署にも事情を説明しに行きました。

麻布警察署も親切に対応してくれて、定期的に自宅の周りを見回りに来てくれました。

彼氏の特徴を伝えて、似たような男性が自宅の周りをウロウロしていないかをチェックしてくれます。

そして、見回りをした日は、「今日は怪しい人物を見かけませんでした」と連絡してくれます。

逃げるように引越ししてきたので、新しい自宅を彼氏には伝えていませんでしたが、警察が定期的に連絡をしてくれるだけでも安心感がありました。

結局2〜3ヶ月経っても、デートDVの彼氏に跡をつけられることがなく過ごせていたので見守りを終了してもらい、デートDVとの別れは完了しました。

何かあったときは警察に相談

デートDVを受けてどうしたら良いのかわからないときは、最寄りの警察に相談するのも一つの方法です。

解決策を提案してくれるかもしれません。

警視庁:配偶者からの暴力ページに移動

警視庁のサイトには配偶者からのDVについてしか触れられていませんが、デートDVでも対応してもらえました。

実際にDV法では、配偶者からの暴力しか適用されません。

しかし、彼氏からの暴力があった場合、法律が準用されて近づくことを禁止する保護命令の対象になります。

警察以外にデートDVを相談できるところ

警察に相談に行くのが少し不安、と感じる人はまずは電話で専門機関に相談してみましょう。

DVの相談窓口といえば、配偶者によるDVを専門としているところばかりで、彼氏からのDVを相談するのは気が引けますよね。

これから紹介するところは、デートDV専門の機関なので安心して相談できますよ。

デートDV100番

デートDV110番はデートDVに特化した機関なので、的確なアドバイスを受けられます。

相談員は「デートDV110番電話相談員養成講座」を受講しており、デートDVに関する専門的な知識を持ち合わせています。

デートDVかどうか確証がなくても大丈夫です。

個人情報が守られており、何度でも無料で相談できるので、デートDVで悩んでいる女の子は迷わず相談してみてくださいね。

  • 毎週火曜日18時〜21時/土曜日14時〜18時(年末年始を除く)
  • デートDV110番:0120-51-4477

まとめ

デートDVを受けている女性の多くが、「これはデートDVに当てはまるの?」と彼氏からの行為に疑問を抱いていますよね。

暴力を受けていればすぐにデートDVだと判断できますが、言葉や経済的な暴力を受けている場合、すぐにデートDVだとは気づけません。

現在の彼氏と付き合ってから束縛が激しくて、以前のような生活を送れない、友達の数が減ったと感じるときは、デートDVの可能性が高いのでまずは相談してくださいね。

専門知識を持ち合わせている人に相談することで、あなたのストレスが和らぎ、解決策が見つかるはずです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です